活字が生み出す世界に惹かれ

連休中はずっと読書をしているとおっしゃっている方が少なくないでしょう。生来活字に触れるのが大好きであるため、文字が沢山ある本には目が無いのです。文字で何を読者に伝えているのかを読み解くことに深い探求心があります。極端な話、日常が文字一色に染まっていても全然OKだとおっしゃりそうなくらいに、小説などが本当に好きなのです。読書が充実した連休の過ごし方にしてくれると信じて疑っていないのが窺えます。

連休中、朝一で図書館に駆け込む方がおられることでしょう。本と巡り会えることが幸せだと感じていて、人生のパートナーのように思えてくるのです。図書館で充実した時間を過ごしたいと思っていて、図書館に入るや否や楽園に入ったかのような夢心地を味わいます。図書館を憩いの場だと感じているのが窺えて、図書館ならば落ち着いて読書ができると思っているのです。連休の終わりまで図書館に通うつもりでいて、図書館が理想的な連休の過ごし方にする上で欠かせないと感じています。興味ある本を開いた瞬間に、食い入るようにして本を読むのです。一つ一つの活字を拾って頭の中で文章として構成していくことを快感だと捉えています。昔から読書に親しんでいたため、活字だけで想像力を膨らませるのが大の得意なのです。まるで活字を心の栄養にしているように感じられてきて、読者の気分を高揚させていきます。本を読む度に、まるで本は栄養剤のようだと思っていても大げさではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP